ネット副業のメリット

近頃、リモートワークや副業といった言葉が浸透してきました。
終身雇用や年功序列があった頃とは違い、働き方に対する概念も変わってきたのだと感じます。
まだまだ、社会には副業というとどんな感じなのかイメージが付きづらいという人もいますが、
簡単に言ってしまうと、会社にはいない時間、つまり、自分のプライベートな時間を使って
利益となる仕事をするのですから、できる人は出来ますし、出来ない人は出来ません。
というのも、副業にはさまざまな副業があります。
中には、なんの知識がなくても出来てしまうような簡単な作業のものもあります。
ですが、たいていの場合は簡単な作業と隙間時間でしたところで、雀の涙程度しか稼げません。
それなりの専門知識や、フォロワーの多い一般人であれば動画配信や企業案件を受けて商品の宣伝をしたりしても
そこそこのお小遣いになはなるでしょう。
ただ、みんながみんな、フォロワーが何万人というわけではありません。
むしろ、一般人はそこそこの身内程度で100単位か、多くて1000単位いるくらいです。
それでも、何か芸があるわけでも容姿が飛び抜けていいのでもないなら、そのほとんどが知り合い程度の
存在なので、ビジネスをやったところであまり使えはしません。
副業で、個人で会社を立ち上げてやるならまだしも、たいていは個人で何かできることはないかを
探すのではないでしょうか。その結果、転売やアフィリエイト、ブロガー、配信者になることをを思いついて
安易に飛びついてしまうのです。
ただ、そうした副業でのメリットは、好きな時間に働けることや、収入が多かれ少なかれ入ってくること。
自分の力で稼げたという達成感や、自分が働いた分の対価をもらえることではないでしょうか。

会社や、社会に出て働くということは、そこのルールや規則に従わなければなりません。
時にはそれが非効率に感じたり、合わない人間がいたり、ストレスを抱えてしまうこともしばしばです。

一人で働けるということは、関わりたくないな、とか苦手意識の持っていた人と無理に関わらなくて
済むぶん、余計なストレスもかからないということです。仕事の退職理由として、人間関係からくるストレスをあげる人は
少なくないので、『自分のペースで』働くということは、それだけでもメリットがあるのではないのでしょうか。

場所の自由、時間の自由。
仕事にもよりますが、この2つも確保することができます。
メリットとしてはここら辺が大きいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です