ウェブライターに求められる技術とは

ウェブライターとして仕事をする人も多いのではないでしょうか。ブログの運営者はすべての人が自分でブログ記事を書いているわけではありません。記事を外注し、そこで記事を書いてもらうこともあります。ここではそんなウェブライターの仕事について紹介していきます。

1.ウェブライターに求められる技術とは
ウェブライターに求められている技術は、文章を書く能力だと言えるでしょう。特に資格があるわけではなく、学歴がなくてもウェブライターの仕事はできます。しかし、求められたテーマに対して的確な文章が書けなければならず、どんな人でも簡単に始められるというわけではありません。確かに、文章を書く力があれば誰でも始められる仕事ですが、だからといって文章が書けなくても大丈夫というわけではありません。
また、ウェブライターにはそれなりの常識が求められます。というのは、ブログの記事の外注をしてくるクライアントと現実での知り合いではないことも多く、インターネット上で注文を受けるということもあるため、クライアントがどのような人なのか分かりません。そのような人に対して丁寧な対応をしなければなりませんので、常識が求められます。クライアントから連絡が来たら、きちんとそれに応じる必要があるのです。メールを返信するときのビジネスマナーなどが求められますので、メールの書き方がわからない、敬語が使いこなせない、などという人にはウェブライターは向かないかもしれません。
そして納期を守るということも大切です。「どうせ守らなくても良いだろう」「少しくらい遅れたって大丈夫」という甘い考えをしている人にはウェブライターは向きません。むしろ、記述は守る、約束は守る、という強い意志のある人にウェブライターはお勧めの仕事です。

2.ウェブライターの年収とは
どのような形式で仕事をするか、どのようなクライアントを持っているか、によっても変わってきますが、例えば子育て中の専業主婦がウェブライターとして仕事をするのであれば、1ヵ月あたり20,000円から30,000円は稼げるのではないでしょうか。子供が起きている時間はパソコンが触れないという人もいるかもしれませんが、子供がお昼寝している時間や夜眠った後などを利用して仕事をしている人は珍しくありません。
複数のクライアントを抱えて仕事をしているのであれば、10万円以上も夢ではありません。1日何時間も立ち仕事でパートをするよりも、よほど効率的に働けるという人もいるのではないでしょうか。完全な在宅ワークですので、仕事に行く必要もなく、子供が家にいても安心です。また、子供が学校から帰ってくる時間には家にいたいと考えるお母さんたちにも負担のある仕事ではありません。

子育て中の主婦にも安心
子供がいると、働きに行くには保育園に預けなければならないなど様々な制約がありますが、ウェブライターは子育て中の主婦でも安心です。完全在宅でできますし、多少の常識があれば誰でも始められる仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です